きっかけ

抜け毛が増える

AGAを起こす原因は、「男性ホルモンの影響」です。
「ジヒドロテストステロン」というホルモンが生成される事によって、毛乳頭細胞に存在されるホルモン受容体と結合し、ヘアサイクルを乱します。
ヘアサイクルが乱れると、毛髪の成長期が短くなり、太くて長い髪の毛が生えなくなってしまいます。

AGAは男性ホルモンの影響のほか、遺伝によっても起こります。
両親のうち片方の親が薄毛、抜け毛が多い場合は、遺伝でAGAを起こす可能性が高くなってきます。
男性は母親のDNAを強く引き継いでいるので、母親方の父親が薄毛である場合は、かなりの確率でAGAを起こします。
将来抜け毛が多くなる事がわかっている状態であれば、早い段階で育毛やクリニックで処方される治療薬で薄毛対策を行なうことができます。