生活習慣

習慣でハゲる

AGAを引き起こす原因は、主に「男性ホルモンの影響」、「遺伝性」によるものですが、他にも、「ストレス」や「不規則な生活習慣」によって起こります。
ストレスを多く抱え込んでしまうと、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
ホルモンのバランスが崩れると、血管の収縮が見られ、血行が悪くなります。
血の巡りが悪いと、毛根に十分な栄養が運ばれないので、抜け毛が多くなってしまいます。

ストレスもそうですが、生活習慣に乱れがあると、髪の毛が十分に育たなくなります。
不規則な食生活、過度な飲酒、喫煙習慣、運動不足、睡眠不足といった生活を続けていれば、頭皮の健康状態も悪くなり、抜け毛が多くなります。
過度な飲酒は、髪の毛を育てる大事な成分「ミネラル」、「亜鉛」がアルコールの分解によって消費されるので、適量に抑える必要があります。
喫煙では、血管を収縮させて頭皮の血行を悪くするので、喫煙量が多い方は控える必要があります。
生活習慣が乱れている方は、クリニックに行くよりも、まずはこうした生活習慣から改善させる事から始めていきます。